スタッフブログ|鍼灸・整体・マッサージを行なうなら笹塚のせせらぎ鍼灸整骨院

各種保険取扱い / 交通事故診療対応

 03-5333-8820

予約優先制 急患も随時受付中 お気軽にご相談ください。
月・火・木・金 9:30〜12:30 / 15:00〜20:30
水・土 9:30〜12:30 / 15:00〜19:30

スタッフブログ

スタッフブログ

ブログ

■2023年01月30日(月)18:42  腰痛シリーズ 仙腸関節性腰痛
こんにちは!!せせらぎ整骨院です!!
本日は毎週月曜日公開の腰痛シリーズ第5弾-仙腸関節性腰痛になります!


仙腸関節性腰痛の概要
仙腸関節とは骨盤と仙骨をつなぐ関節であり上半身と下半身をつなぐ土台となる関節。
仙腸関節周囲には多くの靭帯や関節包が存在し疼痛を感じやすい。仙腸関節は他の関節と異なり2〜3mm程しか動かない。

この関節が大きく動いてしまったり引っかかる(ロックする)ことで疼痛が誘発される。

疼痛の部位はヘルニアや脊柱管狭窄症よりも遠位で骨盤周囲。指1本で疼痛部位を押える、階段昇降や前後開脚で痛むなどが特徴的。
ワンフィンガーテストが陽性となり、仙腸関節の疼痛部位が上部と下部でパターンが分かれるためテストで見分ける。


評価/治療ポイント
【評価】
・仙腸関節の操作で疼痛が増悪/軽減する
・疼痛はPSIS周囲や腸骨/仙骨周囲に多い

【治療】
ニューテーションorカウンターニューテーションのどちらで疼痛が軽減可能かを見極める。

ニューテーションは仙骨前傾、上方・前方並進運動し、寛骨が外旋し、PSISが閉じます。
カウンターニューテーションでは仙骨後傾、下方・後方並進運動し、寛骨が内旋し、PSISが開きます。

▶︎ニューテーションで疼痛軽減:ニューテーション阻害因子を除去(ハムストリングス/大臀筋のストレッチ、腸腰筋の筋力強化など)

▶︎カウンターニューテーションで軽減:カウンターニューテーションの阻害因子を除去(腸腰筋/脊柱起立筋のストレッチ、大臀筋の筋力強化)


来週(2/6)月曜日は腰痛シリーズ最後の第6弾-心因性腰痛になります!
盛りだくさんでお届けしますので是非ご期待ください!

そして……
なんと…………………


!!!!!!新シリーズ配信決定!!!!!!



次の新シリーズの内容は次回のブログにて配信いたします!
忘れずににチェックしてください!


当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
              ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
500

■2023年01月28日(土)12:31  浮指ってご存じ?
皆さんこんにちは。せせらぎ整骨院です!!
今週はとても寒い日になりましたね。
まだまだ冷え込むと思うのでできるだけ身体を温めて乗り切りましょう!!

最近は足や下半身にスポットが当たることが多い気がします。
例えば「偏平足、外反母趾」「O脚、X脚」だったりです。
下半身は体の土台になっているところで非常に大事なところだと思います!

今日は「浮指」という足の状態についてお話します。
本来、直立で立った場合、足の裏は土踏まずを除いて踵から指先まで
地面についていなくてはならないのですが浮指の場合は足趾が
反ったり曲がったりで地面につかない状態の事を表します。

ほとんどが後天性で現れるので、歩き方の改善や足のトレーニング、
インソールの使用で改善がみられますが、放置をしてしまうと重大なことに
繋がってきます。

まずこの状態だと重心を支える足の面積が狭まるので、
体の重心線が後ろにずれていきます。そのずれを膝や骨盤、脊椎などで
バランスをとろうとするために不調が出てきます。

重心が後ろ寄りだなって方やしっかりと歩けている感じがしない方は要注意です!

当院では足の状態から全身の状態まで診てしっかりと不調の根本を
見つけていきます。
もしこの記事を見て「あれっ私は?」と思った方はお気軽にご相談ください!!


当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
              ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0128132351.png 333×333 9K

■2023年01月27日(金)12:27  タバコと慢性痛
こんにちは!せせらぎ整骨院です!

慢性痛を抱えていて、常日頃から痛みが出るという方に参考にしていただければと思います。

今回はタバコ、睡眠、運動について少しお伝えしたいです!


.織丱
タバコに関しては『健康増進法』が施行され、さらには受動喫煙が健康を害するとの議論がされています。
それ以来、タバコを吸う方の肩身は狭まくなり、喫煙をやめる方や紙タバコから電子タバコ(アイコスやグロー)に変える方も多いと思います。慢性痛に悩んでいる方、たばこはいけません。喫煙によって生じる一酸化炭素が組織から酸素を奪い、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させて、痛みを増強させます。たばこは、痛みに関してはひとつも良いことはしません。

⊃臾
睡眠は痛みを知るバロメーターと言われます。

睡眠に関しては、強い痛みのために「寝つきが悪い」、または「夜中に頻回に目が覚める」とされる方が多いです。睡眠は脳の毛様体賦活系の活動低下によってもたらされるが、痛みがあるとその部位が絶えず刺激を受けて、眠ることができなくなるのです。一方で、精神的な理由によって痛みを訴えられる「心因性疼痛(とうつう)」の患者さんでは、痛みのために目が覚めることはあまりありません。したがって、睡眠は痛みの原因を判別できるバロメーターと言えるのです。強い痛みがあり病院などで痛み止めや睡眠薬を貰った際には、決められた量を服用してぐっすりと眠ると良いです。

1親
マラソン中継などでランナーズハイという言葉をよく耳にしますが、これは一種の陶酔状態を指し、体内でモルヒネ様物質が分泌されることで起こります。慢性痛に悩んでおられる方にマラソンを勧めるわけではありませんが、15分間のジョギングで痛覚域値が約30%上昇することが実験的に確認されていることからは、適度の運動も必要となるということです。

※陶酔状態・・・気持ちよく酔ったような感覚

慢性痛に悩まされている方は「お酒はほどほどに、禁煙厳守、ゆっくりと湯舟に浸かって、ぐっすりと眠り、適度な運動を心掛ける」ことが大切になります。それほど痛みとの付き合い方は難しいということです。

慢性痛でお悩みの方ぜひご連絡ください。お悩みに合わせた治療を提案させていただきます。

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓

grp0127165815.png 333×333 9K

■2023年01月25日(水)10:00  足の重要性
こんにちは!せせらぎ整骨院です!

突然ですが、体のバランスを保つのはどこだと思いますか?
体幹や骨盤など様々な意見がありますが、私は『足』だと思います。

足が本来の機能を果たせば膝や股関節の位置も自然と正しいところにおさまります。すると腰から背骨へと繫がる、腰椎から胸椎、頸椎まで、全体の骨を整えることができるのです。全身の骨格が整えばリンパや血液の循環もよくなり、自然と全身が引き締まってきます。

現代は昔と違い、靴を履き硬い地面を歩いています。これでは足の指を
使わない為、疲労がたまりやすいです。この疲労を放置すると
足や足裏、足首がかなり硬くなって、しっかりと地面を踏ん張ることができません。全身のバランスを保とうとして、太もも、腰や背中、首などに余計な力が入って筋肉が過緊張してしまいます。そうしたゆがみが大きくなると、腰痛も起こりやすくなります。

ここで腰痛になりやすいかどうかの歪み度をチェックしてみましょう

□歩いているとスカートが回ってしまう
□片足に重心をかけて立ってしまう
□脚の長さが左右で違う
□肩の高さが左右で違う
□椅子に座っていると、無意識に脚が開いてしまう
□仰向けで寝ることができない
□脚を組むクセがある
□片方の歯で噛むクセがある

スマホの普及により、猫背の方がいまだかつてなく増えています。猫背が基本姿勢になると呼吸が浅くなり、あばら骨が前に浮き出し、上半身に厚みが出ます。首が前に出て肩こりや首こりを引き起こし、内臓が下垂するためぽっこりお腹になります。これに伴って、内股で出っ尻の人も多いですね。内股がひどくなるとO脚になり、骨盤が前傾してしまうので、生理痛が悪化したり、不妊に繋がったりと、いろんなところに影響が出てしまいます。正しい姿勢、立ち方、座り方を日ごろから意識し、身体にクセづけることが大切です。

腰痛を改善するには正しい姿勢を知ることが大切です。
正しい立ち姿勢のチェックポイント
※壁に背を付けて立ってみましょう。

□つま先は少し開く
□くるぶしをしっかりつける
□両膝をくっつける
□左右の肩甲骨を中心に引き寄せながら胸を張る
□みぞおちを上に引き上げるようにする(肋骨の位置が骨盤の真上に来るようにする)

自分で骨格を戻すのは難しいと思います。
治せないから諦めるのではなく、ご相談だけでもお聞かせください。

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0125103815.png 333×333 9K

■2023年01月24日(火)16:50  免疫力
こんにちは!せせらぎ整骨院です!

「体の抵抗力アップには、体温を上げることが大切」。こういったことを
雑誌や広告で見聞きすることが多いと思います。

体の体温が高いと良くて、冷えは良くないと言われるその理由を説明します!

体温と体を守る関係
私たちの体は、常に病原体の侵入や増殖の危機にさらされています。それを防ぐために、細菌やウイルスなどによる感染症から体を守ったり、傷ついた組織を修復したりして、体内の調子を整える仕組みが備わっています。この体を守る仕組みはよく「免疫機能」とも呼ばれているものですが、一般的なイメージとは異なり、非常に複雑なシステムによって成り立っているのです。

疲労やストレスなど、何らかの原因で体を守る力が低下すると、風邪をひきやすくなったりします。そのとき体内では免疫細胞の活動が低下してしまっているのかもしれません。

これらの免疫に良い影響があると言われているため、体温を上げて血行をよくすることが改善の近道です。

これが、「体温を上げると体の抵抗力が高まる」とよく言われている理由のひとつです。

体温を上げるメリット

代謝が上がり太りにくい体に

基礎代謝量とは、快適な室内で、かつ早朝空腹時に安静にしている時の代謝量です。基礎代謝が高いと摂取した栄養素を効率よく利用できますが、反対に、基礎代謝が低下した体では栄養素を利用しづらく、カロリーを消費しづらくなってしまいます。つまり、基礎代謝が低いと1日の消費カロリーが減ってしまい、太りやすい状態だと言えるのです。

基礎代謝量は、一般的に加齢や筋肉量の低下によって下がってしまうと言われています。体温を上げることで基礎代謝量が上がると、総エネルギー消費量が上昇し、やせやすい体に導くことができます。

コリの改善

肩コリや首のコリは、姿勢が悪いことの他にも、ホルモンバランスの乱れやストレス、緊張や不安によって肩や腰に力が入り、血流が悪くなることによっても引き起こされると言われています。体温を上げて血行が改善されると、体のコリや緊張をほぐす効果が期待できます。

実は体が冷えているかも? 体の冷えチェックリスト

体の冷えを自覚していなくても、知らず知らずのうちに体が冷えていてさまざまな不調の原因になってしまっているかもしれません。冷えは冬のものと思いがちですが、冷房などによる夏の冷えで悩む方も多いようです。次のような「冷えのサイン」を見逃していないか、確認してみましょう。

冷えにともなって起こるおもな症状
抜け毛・白髪・薄毛
くすみ・たるみ・のぼせ・むくみ・シワ・シミ・クマ
歯周病・歯肉の変色・歯肉の萎縮・歯肉の腫れ
イライラ・不眠・不安感
ドライアイ・老眼・近眼・疲れ目・かすみ
肩こり・腰痛・頭痛・だるさ・疲れ・関節痛・めまい・耳鳴り・月経痛・月経不順・アレルギー・便秘・下痢・動悸・ほてり・むくみ・肥満
ニキビ・乾燥肌・かゆみ

体の冷えの原因とは
さまざまな体の不調を引き起こす「冷え」。外気温の影響以外にも、次のような原因によっても体の冷えが引き起こされると考えられています。

筋力不足
筋肉には、体を動かすだけでなく、「熱産生」と呼ばれる体の熱を生み出す役割が備わっています。しかし、運動不足や加齢によって筋肉量が低下すると、冷えの原因となってしまいます。

また、女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、体の中で生み出せる熱量が少なく、冷えやすい傾向にあるようです。

自律神経の乱れ
私たちの体温は、自律神経の働きによってほぼ一定に保たれています。しかし、ストレスや寝不足、バランスを欠いた食生活など、生活習慣の乱れによって自律神経のバランスが崩れると、血流が悪くなり、冷えにつながってしまうのです。

体の冷えを招いてしまう習慣
体を温めるなど、冷えないように気をつけていても、知らず知らずのうちに体を冷やしてしまっているかもしれません。次のようなことをしていないか、確認してみましょう。

体の冷える食材を多く摂取する
一般的に「夏野菜」と呼ばれる、暖かいところで育つ水分の多い野菜や果物は体を冷やしやすいと言われています。摂り過ぎには注意が必要です。トマトやきゅうり、なす、スイカなどです。

お風呂をシャワーのみで済ませる
入浴は血行を活発にし、体温を高める効果が期待できます。シャワーのみだと十分に体温が上がらないので、少しぬるめに調整した湯船にゆったり浸かり、血行を促進することが大切です。

自律神経の乱れ
喫煙、ストレス、不規則な生活、ホルモンの乱れによって自律神経のバランスが崩れると、冷えの原因につながることも。生活習慣を整えることが大切です。

体温を上げるためにできること

体温を上げるためにできることは他にもあります。

適度な運動
体を動かすことで血行を促進させることは体温を上げるのに大変効果的です。有酸素運動を行う時は、軽い強度・短めの時間から始め、4〜6週間はそのままの強度をキープ。それから徐々に時間を伸ばしていくとよいと言われています。1回30分、息が弾むくらいが目安です。無理のない範囲で始めてみましょう。

筋トレ
有酸素運動に加えて筋トレを行うとより効果的です。1セット8〜12回を2〜4セット行います。毎日ではなく週2〜3回がよく、これより強度が高いと怪我や事故につながる可能性があると言われるため、過度な筋トレは避けましょう。

体温を上げる食材や料理を摂取する
体温を上げるためには、1日3食バランスよい食事をとって基礎代謝を上げることが近道です。食事を摂ることで安静時でも代謝量は増えます。よく噛んで食べると、より効果的です。

シャワーで済ませるのでなく湯船に浸かる
38度のぬるめのお湯で25〜30分、または42度の熱めのお湯で5分程度浸かると、0.5度体温が上がると言われています。

今日と明日はとても寒いようですので体を暖かくしてお過ごしください
当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0124171724.png 333×333 9K

■2023年01月23日(月)12:19  腰痛シリーズ 椎間板性腰痛
こんにちは!!せせらぎ整骨院です!
本日は毎週月曜日に公開の腰痛シリーズ第4弾-椎間板性腰痛になります!

椎間板性腰痛の概要
椎間板は髄核と線維輪の2層構造によるクッション機能で荷重ストレスを分散している。

椎間板は外側の層のみ疼痛を感じる神経線維が存在するため髄核の脱出や線維輪の損傷が外側の層に及ぶと疼痛が出現。

基本的には『屈曲』により疼痛を誘発する腰痛に多い。これは脊椎の屈曲にて椎間板内圧が上昇し、椎間板前方の圧縮ストレス増大&髄核の後方変位にて疼痛が誘発されるからである。
(*変性などにて伸展でも疼痛誘発することもあり)

椎間板性腰痛後に椎間板ヘルニアに発展してしまうリスクがあり注意。

評価/治療ポイント
【評価】
・腰椎の屈曲/回旋で腰痛誘発しやすい。
・骨盤前傾や腰椎前弯で疼痛が軽減する。
・屈曲で疼痛誘発するが下肢の痺れはない。
・長時間のデスクワークなどに多い。

【治療】
屈曲にて疼痛誘発を来しやすいので、骨盤前傾・腰椎前弯に誘導すれば良い。そのため、骨盤前傾や腰痛前弯を阻害する因子の除去がポイント。
▶︎ストレッチ:腹直筋、大殿筋、ハムストリングス
▶︎筋力強化:多裂筋、腸腰筋、広背筋、大殿筋

来週の月曜日は第5弾-仙腸関節性腰痛を配信致しますのでお楽しみに!

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
500

■2023年01月21日(土)09:42  強烈な寒波到来
皆さんこんにちは。せせらぎ整骨院です!!

今日は太陽が出ていますが風が強く冷たく寒い!と感じてしまいますね。
ただ冬の寒さはこれだけでは収まらず来週には日本列島を覆う
強烈な寒波が到来するそうですね。東京でも雪が降るかもなんて…

寒い所に住んでいる方たちはある程度耐性はついてるかと思いますが、
東京にいる方は私を含め寒さに弱い!と思います。

今日はどうしたらこの寒さを乗り越えられるか身体の特性などを
踏まえて考えてみましょう!

今の時代どんなに寒くても防寒着や室内を温める技術がとても発達していて
身体の力を使わなくても簡単に温まれますが本来の力で出来るといいですよね!

夏は外部からの気温が高く、身体が熱いと認知するため身体は熱を
逃がそうとします。そのため夏の身体は熱を作っていないのです。

それとは反対に冬は外部の気温が低いため、身体が自ら熱をします
温まろうとします。代表的なのは寒くて身体を振るわせることですね。
これを「ふるえ熱産生」と言います。
逆に「非ふるえ熱産生」というのも存在しています。

食事をとることでも熱は作られますので、食事の中身も考えられると
なおいいですね!食材にも身体を温められるものもあるので
さがしてみてください!!

こういった事を駆使してこの寒い冬を乗り切りましょう!

当院の治療では冷え性の方にピッタリな内容もございますので
気になる方はご連絡お待ちしております!!

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
           ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0121141947.png 333×333 9K

■2023年01月18日(水)15:17  冬のランニング
こんにちは!
せせらぎ整骨院です!

年が明けて、新年の目標として運動を掲げる人も少なからずいるのではないでしょうか?

運動を目標に掲げる人が、最初に取り組むのはランニングだと思います。
冬場のランニングは気をつけないと怪我につながる可能性が😱

本日は、冬ランで気を付けて欲しいポイントをご紹介します。

冬は当然のことですが気温が低いため、私たちの筋温(体温)も下がっています。
筋温が低いと筋肉は固まり、本来持っている柔軟性を失っている状態です。また、関節の可動域も筋肉などの柔軟性に影響されます。つまり、筋肉の柔軟性が低下した状態では、関節の可動域が制限され、イメージしたように体が動かないのです。

このような状態で急に運動を始めると、筋肉や関節に負荷がかかりやすくなり、パフォーマンスが十分に発揮できないばかりか、肉ばなれや関節痛、腱の炎症といったケガのリスクが高まります。ケガを予防するためにも、冬ランは筋肉を温め、筋温を上げることが大切です。

.薀鵐縫鵐阿鬟好拭璽箸垢訌阿呂靴辰りとウォーミングアップを
よくウォーミングアップ代わりにウォーキングからスタートし、その後ランニングに移行して、徐々にペースを上げるランナーもいらっしゃいますが、気温が低い冬場は逆に体を冷やしてしまうため、あまりおすすめできません。

筋温が高い夏場は筋肉をほぐす程度のストレッチでも大丈夫ですが、冬のウォーミングアップは体を大きく動かすことを意識します。体を動かすと
全身の筋線維が収縮・弛緩を繰り返します。それにより筋温が上昇し、筋肉の柔軟性が高まると同時に関節の可動域も広がります。

∩り始めはゆっくりとジョギングレベルでスタート
ウォーミングアップで少し体が温まったら、ランニングをスタートします。最初は人と会話が出来る程度のスピード、ジョギングレベルから入ることで、さらに筋温を上げます。早く体温(筋温)を上げようとして最初からスピードを上げて走るのは、ケガのリスクを高めてしまいます。十分注意して下さい。

筋肉と同じように血管も寒さによって収縮しています。普段から血圧の高い方は、特にゆっくりスタートすることを心がけてください。

ジョギングで十分に体が温まったら、徐々にスピードを上げていきます。ただし、冬の場合、ランニング強度を高めたいのであれば、
スピードではなく、走る時間や距離を伸ばすことで負荷を増やすようにしましょう。

ランニングをこれから始めるビギナーの方は、無理にスピードを上げず、冬の間はジョギングレベルで体を慣らしましょう。無理をしてケガをするとせっかく始めたランニングを継続できなくなります。気温が上がり、暖かくなるまではケガをしないことを優先しましょう。

ゴールした後はクーリングダウンで疲労回復
目標としている時間や距離を走りきったあと、寒いからといってすぐに終わるのではなく、クーリングダウンを行います。これは激しい運動によって興奮状態にある心身を落ち着かせるとともに体への負担を和らげるものです。

ゴールを過ぎた後、数分間ペースを落としジョギングをします。こうすることで心拍数をゆっくりと下げ、体を落ち着かせていきます。また、軽いジョギングには筋肉をリラックスさせる効果もあります。

ランニング後の体は思った以上に疲労しています。翌日に疲れを残さないために、ストレッチで筋肉をほぐします。ただし、汗をかいたまま外でストレッチをすると体が冷え、風邪をひいてしまいます。自宅がスタート&ゴールの場合は、家に入って着替えてからゆっくりストレッチをします。もし、ランニングコースが家から遠い場合は、ランニング後に体が冷えない程度に軽く、帰宅後にしっかりストレッチをするというように2段階でするのが良いでしょう。

以上の事に気をつけて怪我をしないで冬のランニングを楽しみましょう!!!

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
          ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0118160235.png 333×333 9K

■2023年01月17日(火)10:13  瘦せるための下準備
こんにちは
せせらぎ整骨院です!

お正月も終わりひと段落ですねぇ〜
最近は、寒さもきついのでお湯につかることも増えました。
しかし、ここで思わぬ事態が発生!!!

お正月に寝ては食ってを繰り返したつけが早くも体に表れてしまいました
これはピンチ😨
過去にも入社してから6キロの嫌な増量に成功した経験が悪夢として
蘇ってきます...

ここは筋トレで頑張ってカバーしなければと思いつつも仕事で疲れると
さぼってしまいがちに😂
こうなったら頼れる相棒であるJOYトレを使うしかない!!

6キロの増量時にもこの機械を使って筋肉の活性化をさせて代謝を
良くすることに成功しました!!

久しぶりにJOYトレをすると、前よりも数字が上がらず筋肉も弱っていることが明らかに!!
春先までにはお正月太りを解消します。

同じお悩みをお持ちの方、腰痛やぎっくり腰に悩んでる方にもおすすめです
詳しくは下記URLをクリック
http://r-seseragi.com/treatment/joy.html

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0117105113.png 333×333 9K

■2023年01月16日(月)17:44  腰痛シリーズ 椎間関節性腰痛
こんにちは!!せせらぎ整骨院です!
本日は3週間ぶりの毎週月曜日に公開の腰痛シリーズ第3弾になります!
12/26のブログに公開した筋・筋膜性腰痛に引き続き非特異的腰痛の椎間関節性腰痛について話していこうと思います!

公開予定や目次は12/19のブログに公開しておりますので是非見直してみてください!

非特異的腰痛:画像初見などでは原因が明らかにできない機能的な腰部障害による腰痛です。
非特異的腰痛は腰痛の80%を占め、その中でも筋・筋膜性腰痛は17.5%椎間関節性腰痛は21.3%と一番高い割合となっている

椎間関節性腰痛の概要

椎間関節は上位脊椎の下関節突起と下位脊椎の上関節突起によりなる滑膜性関節。
基本的には「伸展/後屈」により疼痛を誘発する腰痛に多い。
椎間関節の周囲組織には豊富な侵害受容器が分布し疼痛の発生源になりやすい。

椎間関節を支配する神経は脊髄神経の後枝内側枝であり、棘間筋や多裂筋、棘間靭帯を支配するため、筋・筋膜性腰痛との関連も深い。
椎間関節に炎症が生じ神経根に生じると神経症状を引き起こすことも。
※最長筋と腸肋筋は後枝外側枝に支配されるため関連は乏しい


評価/治療ポイント
【評価】
・腰椎の伸展/側屈/回旋で腰痛誘発しやすい。
・椎間関節を固定し伸展すると疼痛軽減しやすい。
・ワンフィンガーテスト陽性

【治療】
もともと腰椎は構造から屈曲/伸展を得意とし、側屈/回旋は不得意であり関節にストレスとなる。疼痛部位の関節に過度なストレスがかからないよう他の部位(脊椎に限らず骨盤や股関節など)の可動性を改善させる。
▶︎股関節周囲の柔軟性拡大(腸腰筋/大腿筋膜張筋/中殿筋/大殿筋など)
▶︎骨盤や全脊椎のモビリティー改善
▶︎胸椎伸展運動

次回は椎間板性腰痛について話していきますのでお楽しみに!!!

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用ください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
          ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
500

■2023年01月13日(金)17:13  ぎっくり腰
今回はギックリ腰についてです。

ぎっくり腰の主な原因は、身体の機能低下(姿勢、習慣、過緊張、筋力、柔軟性低下)です。

例えば、運動不足による筋の弱化や柔軟性の低下はぎっくり腰を引き起こす要因となりやすいです。また、姿勢不良や長時間の同一姿勢、繰り返し動作によるそれぞれの筋肉の過活動(過緊張)によって機能不全の状態になっていると、荷物を持ち上げたり、椅子から立ち上がったりなどの何でもないような普段の動作に対応しきれず、腰の筋肉や関節、筋膜を痛めてしまいます。

その他にもストレスや環境、季節要因によっても機能不全状態になりやすいため、注意が必要です。

ギックリ腰になりやすいシーンは以下の通りです。

・長時間同じ姿勢を続けた後、急に姿勢を変えたとき、(例:長時間の座りっぱなし)
・普段やらない動作や姿勢をしたとき(例:引っ越しでの荷下ろし)
・お風呂掃除や床掃除など中腰で動作を続けた後、姿勢を変えたとき。
・気候変化(暖→寒 寒→暖)
・ストレス(心理的、身体的) …などです

ぎっくり腰は、寒暖差によって血流不安定になる事で、腰の筋肉や軟部組織が凝り固まりやすくなり発症してしまうため、季節の変わり目を意識しておくことも、ぎっくり腰の予防にもなります。

ギックリ腰は安静にしていれば治りますがそのままにしていては同じことの繰り返しになってしまいます。当院では、ギックリ腰やその他の急性期症状(例:寝違え)にも効果のでる特殊電気治療器やギックリ腰の原因となっている腰回りの筋肉を鍛えることの できるEMS機器などがあります。

ギックリ腰にならない体、ギックリ腰になったとしてもすぐに現場復帰の出来る体を一緒に作りましょう!

当院のご予約はLINEで簡単にできます!お得な情報も配信されますのでご活用ください!
grp0113172659.png 333×333 9K

■2023年01月11日(水)15:04  寒さと痛み
こんにちは!
せせらぎ整骨院です!

年が明けても、冬の寒さを強く感じる今日この頃です。
みなさんは体のケアをされていますか?
冬の寒さは体に対して知らない間にダメージを与えています。
今回は寒さと痛みの関係についてお伝えします。

寒くなると「腰の痛み」を訴える人が
増えていきます。腰痛は男性では1番目女性でも2番目に起こる症状で、日本人の80%以上が経験するという報告もあります。
さらに寒い季節になると冷えによる血行不良が腰痛を促すことがあります。その場合は温めること、姿勢を直すこと、
そして筋肉に対してストレッチを加えることを合わせて行うと良いですよ。

なぜ、人は腰痛になりやすいのでしょうか。それは人体の構造に問題があるためです。
腰を支える骨である「腰椎」は脊椎(背骨)の腰にあたる部分です。脊椎とは首からお尻の間に積み木のように骨が重なっています。そしてそれぞれの骨の間には「椎間板」と呼ばれるクッション材のような組織が挟まって、脊椎はカーブを描くように動くことができるのです。このような仕組みによって、脊椎動物は身体を自由に動かすことができます。
ところが、脊椎動物のうち、人間は進化において2本足で歩くようになりました。その結果、腰椎に上半身を支える役割が加わったのです。これによって腰椎は人体で最も負担のかかる場所となり、疲労や痛みを起こしやすくなりました。

腰痛には様々な原因がありますが、寒い季節に起きやすいのは血行不良です。

【筋力不足で腰がすぐに疲労している】

もし腰周辺の筋力が不足していると通常では耐えられる負荷でも筋肉疲労を起こします。疲労した筋肉は血行不良となり、
筋肉痛を起こすのです。普段行わない動作や作業をした後の腰の痛みはこれに該当します。

【加齢や姿勢の悪い生活習慣による腰の筋力低下】

筋肉は使わないでいると細くなり筋力が低下します。また年齢が進むにつれて筋力が弱ることがあります。このような原因で腰の筋肉が徐々に弱まり、通常では痛くならない動作でも腰の筋肉が疲労やこりを起こし、腰に痛みが出ることがあるのです。
また一般的に座っている姿勢や中腰の姿勢は腰椎周辺の筋肉が機能しにくくなり、腰椎への負担が大きくなります。このような姿勢を長時間とると、腰痛になるリスクが高くなるのです。

【身体が冷えて筋肉が固まる】

冬の寒さで身体が冷えてくると、人体は身体を守るために血管を縮めて血流を減らし、血流を内臓に集める傾向があります。そのため寒さで身体を動かさないでいると、筋肉に回る血流が低下するのです。そのような状態で急に腰を動かそうとしてもすぐに伸びず、痛みが出てしまいます。

【精神的なストレスも血行不良になる】

精神的に問題があると腰痛になることがあります。これは過度のストレスは交感神経を活性化させ、血管を縮めてしまうのです。したがって、精神的なストレスが重なると腰の筋肉への血行が悪くなり、腰に痛みを引き起こします。

腰の痛みは我慢していれば落ち着きますが痛みはすぐに再発します。
同じ事を何回も繰り返さないように治療が大切になります。当院では最新機器を使い突然のぎっくり腰や慢性化している腰痛などの治療を行っています。腰痛は放置せずに早く治すことが重要です。この症状はどうなのかと気になる方はご連絡ください。

気になる方は下のQRコードをチェック👇
grp0111151617.png 333×333 9K

■2023年01月10日(火)15:09  こり
こんにちは!せせらぎ整骨院です!

皆さんに質問です。
肩こりの『こり』って何だと思いますか?

色々な諸説はありますが、よく言われるのが『筋肉の緊張』です。

人間の体は、立っているだけでも首、肩、腰に負担がかかっています。人間の頭の重さは体重の約10〜15%、腕の重さは体重の5%といわれており、たとえば体重50圓両豺隋頭の重さは5〜6.5圓砲盖擇咾泙后これは、水の入った500mlのペットボトル約10本の重さに相当します。これが「二足歩行をする人間の宿命」といわれるゆえんです。
悪い姿勢などにより筋肉の一部分に負担がかかると、筋肉が緊張し疲労します。すると、疲労物質が溜まり筋肉が膨張し、血行が悪くなります。血行が悪くなると、十分に酸素が行きわたらず、エネルギーが不完全燃焼となり、さらに疲労物質が溜まります。
筋肉疲労が継続すると筋肉が固く収縮し、「こり」となります。疲労物質が末梢神経を刺激して痛みが起こることもあります。

・姿勢の悪さ、歯のかみ合わせ、目の疲れも原因に!

肩こり・腰痛対策は、まず原因を知って改善することが有効です。主な原因として考えられているのが悪い姿勢や運動不足。同じ姿勢を続けていると特定の場所に負担がかかり、たとえその負担が軽度でも、長時間持続すると筋肉の緊張が偏って起こり、肩こり・腰痛につながります。運動不足などによって、筋力が低下すると疲労物質が溜まりやすくなるため、肩こり・腰痛になりやすくなると考えられています。
また、なで肩・猫背・肥満など、骨格や体型も関与しています。たとえば、猫背になると重心が前に傾き、首や肩などの筋肉の緊張につながることで肩こりの原因となり、上半身のバランスを補正するため腰にも負荷がかかり、腰痛の原因にもなります。
さらに現代人に多いのは、歯のかみ合わせの悪さや目の疲れからくる肩こりです。目の疲れは交感神経を刺激して、筋肉を緊張させます。とくに目と首は近い位置にあるため、目が疲れると、その信号が目の神経を介して首周辺の筋肉を緊張させやすく、肩こりの原因になると考えられています。


・ストレスと筋肉の緊張

ストレスと切り離せない生活を送っている現代人。このストレスも、肩こり・腰痛の原因の一つとして考えられています。
ストレスと筋肉の緊張には、自律神経が関係しています。自律神経とは内臓や血管、汗腺などを支配する神経で、交感神経と副交感神経の2つで構成されています。この2つの神経は正反対の作用をすることから、一方が働いていると、もう一方が沈静する仕組みになっています。
交感神経は動物が敵に襲われたり獲物に向かったりするときに働く神経。一方、副交感神経は休養してエネルギーを補給するときに働く神経です。
ストレスがかかると、交感神経が優位になります。すると、筋肉は緊張し血管が収縮し、肩こり・腰痛につながるのです。肩こり・腰痛を繰り返していると、それ自体がストレスとなり悪循環をもたらすと考えられています。

心と体は互いの働きに影響を及ぼし合っています。体を動かすと心が動き、心が動くと体も反応します。呼吸、筋肉、姿勢における相互作用を利用して、体をコントロールすることでストレスによる「こり」を予防、解消しましょう。



↓こちらQRコードからラインの友達追加が可能となっております。
 初めての方もこちらからお気軽にお問合せ下さい!
grp0110151116.png 333×333 9K

2023年01月07日(土)16:19 
皆さんこんにちは。せせらぎ整骨院です!!

年が明けてから寒さが一段と感じられるようになってきましたね。
寒さのピークがまだだと考えるととても恐ろしいですね。

さて、皆さんはどんな防寒対策をとっていますか?
やり方は地域や人それぞれかと思いますが、
私としては首をしっかり守ってあげて欲しいです!
首は普通に服を着ているだけでは肌が露出をしていてとても
冷やしやすいからです!

首が冷えてしまうと寒さをしのぐために筋を硬直させたり、直接冷えて
固まったりと良いことがありません!!
二次的に寝違えや頚、肩こりになるなんてこともありますのでご注意下さい!!
実際に年明けから頚を寝違えて痛いという患者様が増えていたりします。

しっかりと対策をしていきましょう!
タートルネックの服やマフラー、ネックウォーマーなどで守るのが
おすすめです。夜にはゆっくり湯ぶねにつかるのもいいと思います!

万が一寝違えたり寒さによるこわばりが取れないといった症状が
ありましたらお気軽にご相談ください。

当院へのご連絡はLINEが大変便利になっております。ぜひご活用してください。

インスタグラムでは当院の施術風景や健康・医療・美容の役立つ情報を発信しているのでチェックしてみてください!!

公式LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja

 
          ↓↓↓↓↓公式LINEは下記のQRコードからでも追加出来ます↓↓↓↓↓
grp0107165444.png 333×333 9K

■2023年01月06日(金)16:11  骨盤の歪みと体の調子
毎日、冬の寒さで体が固まっている方が多いのではないでしょうか???

朝の通勤時に寒いからといって、コートに中に首をすくめて歩いていませんか?

意外と日常生活で姿勢が歪むことが最近増えています。とは言っても

歪みが何になるのかを知らなければ改善できないのでここで説明していきます。


骨盤の歪みには大きく分けて【3タイプ】あります。

〜宛紊力弔漾文綏后法Ъ鵑海蝓猫背、胸が垂れる、下腹が出る、お尻が垂れる など

∩宛紊力弔漾柄扱后法背中の張り、反り腰、便秘、生理痛、もも張り、ししゃも脚 など

左右の歪み:肩こり、腰痛、くびれの高さが異なる、O脚・X脚、むくみやすい、冷え など

☝︎ 他にも骨盤が歪む事によって沢山の症状が出てきます ☝️

《体の痛み》   ○腰痛、ギックリ腰 ○膝痛 ○肩こり ○頭痛 ○坐骨神経痛 など

《姿勢》     ○O脚、X脚 ○猫背 ○顔の歪み など

《女性の悩み》  ○生理痛、月経不順 ○便秘 ○冷え ○下半身太り、むくみ ○産後の骨盤の開き など

当てはまる個数などで決まるというものではありますが、当てはまるものが
1つでもあれば早めに治療をおすすめします。

今の自分も大事ですが、未来の自分への自己投資もお忘れなく!!


LINEはこちらから
https://page.line.me/194coabp?openQrModal=true

インスタグラムはこちらから
https://www.instagram.com/p/Cbzx3e9pl_a/?hl=ja
grp0106162604.png 360×360 1K

■2023年01月05日(木)11:15  呼吸が浅い!!
年が明けて2日目の今日…

年末年始は実家でぐだっと過ごした結果
グダグダしすぎて毎日姿勢が悪い!!

緊張が緩み過ぎてしまいました笑

その結果本日私、呼吸の浅いこと浅いこと。

苦しいとまではいかないけど「まだまだいけるはずだ…!」といった感覚。

このまま放置してしまうと疲労が抜けきらなく、眠りにも影響がでてしまう…!!

興奮状態のとき、人は呼吸が浅くなりますよね。

怒っている人が肩で呼吸しているようなイメージ。

逆にリラックスしている人は呼吸が深くなります。

イメージでいうと暖かい温泉に浸かったときでしょうか。

姿勢が悪いと呼吸時の胸の動きを制限してしまう為、息が深く吸えなくなってしまいます。

浅い呼吸をし続けると、身体が戦闘態勢のスイッチが入りっぱなしになり、リラックスモードになりきらない状態になってしまうので疲れがとれない、睡眠が浅い、身体が凝っている状態などの様々な症状が出てきてしまいます。

こうならないためにも、当院で姿勢の矯正をしましょう!!

リラックスができない・疲労がとれない方にはオイルマッサージがおすすめです☆

皆さまのお悩みに合わせた治療ができますので、どの施術が合うのかわからないといった方もお気軽にLINEにてお問合せください!!


grp0105123136.png 180×180 0K

過去ログ 2013年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 
2022年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2023年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 

せせらぎ鍼灸整骨院